おこわの専門店 (有)魚沼炊飯 南魚沼市 業務用 フジロック屋台用 白飯炊き出し グルメマラソン 炊き出し
満天青空レストラン」で紹介されました 五目おこわ・赤飯 各1升「2900円」 予約受付中!!
お問い合わせはこちら → TEL:025-777-5841 (月-土 AM 8:00-PM 18:00)
魚沼の健康豚 (有)まきば→  ブログはこちら→  2017年1月12日 更新

五目おこわの「魚沼炊飯」
TOPページ
おこわ
お取引の流れ
サンプル依頼
機械設備
会社案内
プライバシーポリシー
特定商取引法
サイトマップ
■ 番組で紹介された 「五目おこわ」 お試し特価でご紹介!
 魚沼地域ではお祭り、祝い事、親族が集まる際など、おこわを食べる風習があります。
毎年のように地元のお客様にリピートして購入いただいている自慢の五目おこわを、是非一度、皆様に食べて頂きたく、また魚沼おこわのおいしさを知っていただこうと思い、この度、お試し価格、通常351円ところ、この度は198円でのご提供させて頂きます!
五目おこわ 
 もち米は冷凍しても繊維が壊れにくく、そのため冷凍してももっちりした食感を保つことが出来ます。
ですのでレンジでチンしても、おいしく食べることができます。
一人前にパックされていますので食卓ではもちろんのこと、急な来客や、夜食としてなど幅広いバリエーションで活躍します。
○価格 351円(税込380円)
198円(税込213円)
○内容量 180g
○原材料 もち米(新潟県産)、醤油、椎茸、人参、ひじき、ごぼう、油揚げ、清酒、砂糖、鰹節エキス、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
○寸法 150×230×40
○形態 真空パック包装
○賞味期限 90日(冷凍)
○調理法 本品を凍ったまま袋より取り出し、器に移し、フワッとラップをかけて電子レンジ(500W)で約2分45秒〜3分間温めてください。
商品購入ページ
 新潟県産こがねもち100%使用、職人の手で丁寧にセイロで蒸し上げたおこわを
是非一度お試しください。
お問い合わせはこちら → TEL : 025-777-5841
 ※電話の際は「ホームページを見た」と言っていただけるとスムーズです。
  数量限定により、品切れになる場合がございますのでご了承ください。
■ 地元地域の皆様へ 
 ご好評につき、地元地域の皆様に向け、おこわの販売を再開しました。
 一番人気の「五目おこわ」をはじめ、「お赤飯」などの定番商品を揃えております。
 折箱に詰めて贈り物にしたり、親族が集まった時の御夕飯としたり、お供え物としたりと、さまざまな用途でご利用いただけます。
 工場直販ならではのお値段。指定した時間に合わせ蒸したてをご用意しております。
 ご不明な点がございましたら、ご気軽にお問い合わせください。
 スタッフが丁寧にお答えいたします。
 お問い合わせはこちら → TEL : 025-777-5841

■ 魚沼の米、水、こだわりの食材を使い炊き上げました

魚沼炊飯 おこわちまき 魚沼産コシヒカリは、日本で最も有名な米のブランドとして知られています。日本一の魚沼産コシヒカリの育つ田んぼに囲まれた自然豊な地に、(有)魚沼炊飯はあります。
 (有)魚沼炊飯は、魚沼産コシヒカリを使った商品を魚沼の地から全国へ発信しております。お米だけでなく、水、具材にもこだわります。
 米は、使用する水によって味が全く異なります。魚沼産コシヒカリの源である、八海山からの雪解け水は、伏流水として地中を流れて平野へ行き渡ります。その伏流水を、井戸でくみ上げ、米のとぎ水・炊き上げる際の水として使用しています。
 また、「ふきのとう味噌おにぎり」など、地元魚沼の味噌・山の幸・を使った、地元に伝えられる料理にして皆様へお届けいたします。
 魚沼産コシヒカリ初めとする魚沼の素材をメインに使い、魚沼の特徴のある商品を、魚沼の地からお届けいたします。

 ■ 魚沼のコシヒカリと自然の恵みを食卓へお届けします

子供たちからのお便り 地元魚沼産コシヒカリの生産農家が集まり、「自分達の作った日本一のコシヒカリを、魚沼の特色ある商品にして皆さんにお届けしたい」という考えのもと、(有)魚沼炊飯は設立しました。
 JR浦佐駅から車で5分、関越道大和町スマートインターより車で2・3分という、魚沼のコシヒカリのできる田んぼに囲まれた自然豊な場所にあります。
 「魚沼の地ならではの商品を作りたい」との思いから、工場内に井戸を作り、そこから地中を流れる山々からのきれいな雪解け水をくみ上げ、おいしいご飯を炊き上げています。
 地元の学校給食や、地元の家庭においしいご飯やおこわを提供している地域に密着した会社です。
豪雪地帯ですので、冬の間は3メートルもの雪に閉ざされますが、その中でも忍耐強く魚沼の味を皆様にお届けしております。
 春になり、雪の下から顔を出す山菜なども山が近いことから自分達でとりに行ったりもします。その山菜を使って、地元に古くから伝わる伝統料理にして皆様にお届けできるのも、(有)魚沼炊飯ならではです。



 uonuma_suihanをフォローしましょう   魚沼炊飯 リンク集