モツ鍋 豚肉 銘柄豚 ブランド豚 ホルモン 三元豚 産直 業務用 魚沼 生モツ もつ サンプル 通販 宅配 加工 新潟県
 
TEL:025‐779‐2211(月-土 AM8:00-PM7:00)FAX:025‐779‐4595(24時間対応)
HOME
飲食店向け商品
これが魚沼の健康豚 設備・管理体制 お支払い・送料 会社案内 ブログ サイトマップ
Facebook日々投稿中!
担当 肉屋のせがれ 桑原一成 ●担当
肉屋のせがれこと
桑原一成
放射能不検出証明書→
商品の紹介
飲食店様向け商品
お試しセット お買い得 試食 お試しセット
ロース 三元豚 チャップ ロース
肩ロース 三元豚 肩ロース 
バラ 三枚肉 ラフティー 三元豚 バラ
ホルモン モツ レバー タン ハツ ナンコツ かしら肉 ほほ肉 三元豚 新鮮ホルモン
 ― 鮮度抜群ホルモン流通
1.食肉センターへ出発
2.食肉センターへ到着
3.積み込み
4.これぞ新鮮豚モツ
5.工場に到着 
モモ肉 三元豚 モモ 
トントロ 豚トロ ウデ 肩 三元豚 トントロ
ウデ
 
小間切れ 切落し 三元豚 小間切れ
挽肉 ミンチ 三元豚 挽肉
ヒレ肉 三元豚 ヒレ肉
背脂 ラード 三元豚 ロース背脂
豚骨 ゲンコツ げんこつ 三元豚 豚骨
三元豚 無添加 加工品 惣菜 デリ 無添加加工品
魚沼特産品 魚沼特産品
お買得 限定 訳あり 特価 お買得限定品
食肉センターへ出発(午前7:00)
ポイント:毎週火曜日・金曜日の2回屠殺を行います。
      片道約1時間半かけて自ら屠殺した豚を取りに行きます。
 【食肉センターへ出発】
 朝7時。モツを引取りにさー出発!
 早朝、生産者の涌井さんの家におじゃまして、一緒に食肉センターに連れて行ってもらいましたて。
↓生産者の涌井さんです

涌井さん

 魚沼健康豚のモツは毎週火曜日に食肉センターで屠殺をしてるがーです(してるんです)。
 屠殺てば、食肉センターで豚を食用に処理すること。
 その食肉センターまで朝7時ん出発して、片道1時間半かけて豚のモツを引取りに行ってるがーです(行ってるんです)。

↓涌井さんの昔の思い出話しに盛り上がりながら農場を目指します
涌井さんはやっぱりいいオツコ(男)だ

食肉センターへ


新鮮豚モツのためのストレス対策

 豚はすげー気がちいせえ(デリケートな)動物で、病気の原因はストレスからが多いがーです。
 だっけ(だから)「うんめー(美味しい)豚肉・鮮度がいい豚肉作り」と「豚にかかるストレスを無くさせること」は密接な関係があるがーです。

 豚を食肉センターに持ってって(運んで)、すぐに屠殺しると、いっつもと違う環境に豚はすげー(強い)ストレス感じて体温が上がるがーです(人間だっていきなり知らない場所に連れてこられたら怖えーもんな)。

 この興奮状態のまんま屠殺をすると、

放血(肉から血が抜けること)がうんまくゆかない

肉の温度が下がらね

肉質のが悪くなっちまう

という状態になっちまう。こりゃせつねー。
 そんため涌井さんは、な、なんと屠殺前日に豚を食肉センターへ運んで(なんたって片道1時間半(>0<))、一晩豚を食肉センターにある部屋に泊めて、気ー落ち着かして、そっから翌朝の早朝に屠殺するがーです。
 手間はかかるどもに(かかりますが)、新鮮な肉質にするために欠かさんねーがーです(欠かせないのです)。

一晩泊めた豚


 (食肉センターの部屋で一晩泊めた豚。いっつもと同じく落ち着いてた。)
HOME商品紹介これが魚沼の健康豚お取引の流れサンプル依頼お見積依頼設備・管理体制お支払い・送料会社案内ブログサイトマップ
有限会社 まきば

〒949−7227 新潟県南魚沼市雷土新田342−8
TEL:025−779−2211  FAX:025−779−4595
出発 到着 積込 新鮮モツ 工場到着 ロース肉ピーン 1.整形 2.冷凍 3.スライス 4.袋詰め 5.真空 6.金属探知機 7.検品 8.完成