飼育法 豚肉 銘柄豚 ブランド豚 ホルモン 専門店 販売 通販 産直 業務用 モツ ロース 居酒屋 三元豚 魚沼
 
TEL:025‐779‐2211(月-土 AM8:00-PM7:00)FAX:025‐779‐4595(24時間対応)

豚肉 銘柄豚 ブランド豚 ホルモン 専門店 産直 業務用 魚沼 モツ ロース 居酒屋 レストラン 新潟県 有限会社まきば

HOME
飲食店向け商品
これが魚沼の健康豚 設備・管理体制 お支払い・送料 会社案内 ブログ サイトマップ
Facebook日々投稿中!
担当 肉屋のせがれ 桑原一成 ●担当
肉屋のせがれこと
桑原一成
放射能不検出証明書→
会社案内
生産者紹介
三元豚の品種
三元豚の飼育法
涌井さんの飼育法
涌井さんの飼育法
【涌井さんの飼育法】
 

 涌井さんの飼育法の紹介です。新潟県中魚沼郡津南町の有名な豪雪地帯で養豚をしています。

 ここは高原地帯になっており、特定の病原菌の存在しないクリーンな環境です。

 そのおかげで抗生物質など、必要最低限に抑えることができ、健康な豚を育てることが出来ます。
涌井さんの豚(子豚)
↑一度飲んだおっぱいは、離乳するまで代わりません
↓豚が寄ってくる涌井好一さん
豚が群がる涌井さん
 下の社屋が養豚場の全景です。
 自然とおいしい空気、そして日本の名 水百選に選ばれている「竜ヶ窪」が自慢です。
 冬の時期は、この一体全てが豪雪に覆われます。
 豚は、この厳しい自然の中でじっと耐えながら成長しているのです。
万全な衛生管理

 新潟県は「クリーンポーク認定事業」としてHACCP方式の衛生管理手法の導入を積極的に行っています。
 HACCPを導入した涌井さんの養豚場はこの「クリーンポーク生産農場」の認定を受けています。
 認定を受けた後も認定基準を遵守しているか、点検し、高いレベルを常に維持します。
涌井さんの豚舎
↓豚舎で元気に育っています。もうすぐ出荷
肥育豚
 飼育日数と美味しさの関係

 豚が出荷される前の3ヶ月間を肥育期といいます。
 豚が最もエサを食べで増体する期間です。
 このときに与える飼料はマイロ(こうりゃん)大麦など穀類を中心に使用しています。
 植物性原料主体のえさを与えじっくりと育て上げます。

※豚はじっくりと成長するほどに成熟した肉質になる性質があります

 豚を早く太らせるための油脂添加を行わず植物性原料主体のエサでじっくり飼育することで、豚特有の臭みがほとんど無い肉質に仕上がります。
 理想の肉質に仕上げる為に手間暇をかけています。
↓マイロ(こうりゃん)大麦など穀類を中心にした植物性原料主体のえさ。
涌井さんのえさ
HOME商品紹介これが魚沼の健康豚お取引の流れサンプル依頼お見積依頼設備・管理体制お支払い・送料会社案内ブログサイトマップ
有限会社 まきば

〒949−7227 新潟県南魚沼市雷土新田342−8
TEL:025−779−2211  FAX:025−779−4595
ロース肉ピーン 1.整形 2.冷凍 3.スライス 4.袋詰め 5.真空 6.金属探知機 7.検品 8.完成