豚肉 銘柄豚 ブランド豚 ホルモン 専門店 販売 通販 産直 業務用 モツ 三元豚 居酒屋 レストラン 魚沼 新潟県
 
TEL:025‐779‐2211(月-土 AM8:00-PM7:00)FAX:025‐779‐4595(24時間対応)

豚肉 銘柄豚 ブランド豚 ホルモン 専門店 産直 業務用 魚沼 モツ ロース 居酒屋 レストラン 新潟県 有限会社まきば

HOME
飲食店向け商品
これが魚沼の三元豚 設備・管理体制 お支払い・送料 会社案内 ブログ サイトマップ
Facebook日々投稿中!
担当 肉屋のせがれ 桑原一成 ●担当
肉屋のせがれこと
桑原一成
放射能不検出証明書→
会社案内
会社概要
まきばの始まり
スタッフ紹介
プライバシーポリシー
地図
まきばの始まり
 まきばの始まりを簡単に説明します。

 有限会社まきばは、平成元年12月に設立しました。
 
 会社社長の桑原家達は元はこの魚沼で養豚と農業をしていました。
 
 まだ野菜・米の減農薬農法や、豚への飼料への関心が低い時期に無農薬の野菜作りを試みたり豚への抗生物質投与を最小限に抑え、飼料も自分で栄養学を勉強しながら飼料原料を自分で購入し、配合して自家配合飼料を作って与えました。

 また、自分の畑の一部をクローバー畑にし、そのクローバーを刈って豚に与えたりしました。
 そのときの豚のクローバーの食いっぷりがものすごく、とても印象的でした。

 作られた無農薬野菜は消費者に持ってゆくと、「形が悪いから買わない」と言われ、米は風通しの悪い魚沼の盆地の地形のため病気が発生しやすく、大変な苦労の連続でした。

 飼育していた魚沼の桑原豚を地元の生協で扱ってもらうことになったのがまきばの始まりのきっかけです。

 あるとき、肉を与えると子どもがアトピーが出てしまうと悩んでいたお母さんが、桑原豚を与えたところまったくアトピーが発生せずに大変感動されました。

 その頃から生協組合員のところに生産者として講演を依頼される機会が増え、肉の注文量も右肩上がりに増えてゆきました。

 豚の供給量が追いついてゆかない状況のときに、同じ魚沼で高い志を持って養豚をしている「清塚利夫さん」に生協の紹介を通じて知り合いました。

 清塚さんの育て上げた豚肉は、味・品質ともに納得のゆくものでした。

 志の面でも、自分の暮らしている土地で作られたものを食べて生活をするといった独自の考えを大事にし、実行していました。

 魚沼で育て上げたこの豚肉を、多くの人に供給してゆく側としてこれからがんばってゆこうという決心のもと、有限会社まきばは設立されました。
 
 
HOME商品紹介これが魚沼の健康豚お取引の流れサンプル依頼お見積依頼設備・管理体制お支払い・送料会社案内ブログサイトマップ
有限会社 まきば

〒949‐7226 新潟県南魚沼市山崎新田1000番地7
TEL:025−779−2211  FAX:025−779−4595
ロース肉ピーン 1.整形 2.冷凍 3.スライス 4.袋詰め 5.真空 6.金属探知機 7.検品 8.完成